高く格好良くしたい

施術台

費用の目安や種類別の効果を知ろう

鼻の形が悪い、もっと高くしたいなど、自分の鼻に悩みを持っている人は多く見られます。顔の中心にもあたり顔の印象を決める重要な部位ともいえます。このような悩みを持っている場合に考えられる一つの手段として美容整形を受ける方法が挙げられます。美容整形を受ける場合には、どのような方法があり、それぞれどれくらいの費用がかかるのかをあらかじめ把握しておくことが大切です。整形手術と聞くと大掛かりな手術を想像する人も多いかもしれませんが、中にはメスを使わずに高くすることができるプチ整形と呼ばれるものもあります。それはヒアルロン酸を注入する方法で、これであれば気軽に取り入れられる人もいるでしょう。気になる費用としては、持続期間が約半年から1年で費用はおよそ6から8万円程度といわれています。次に本格的な手術を行うことになる美容整形の一つにプロテーゼと隆鼻術呼ばれるものがあります。これは反永久的にすっきりと高く見せたい場合によい方法の一つと言えるでしょう。こちらの目安は約18から25万円前後に設定しているクリニックが多く見られます。そして気になる団子鼻を解消したい場合には、鼻尖形成術と呼ばれるものがあります。こちらも効果は半永久的に従属するものであり、20から25万円程度の費用が必要となります。手術を受けるに当たり費用は大切ですが、あまりにも安いところを選んでしまうとのちに後悔する可能性もあるでしょう。後悔しないようにするためにも、料金で選ぶのではなく、信頼できる医師やクリニックを選ぶ必要があります。

一言で鼻の整形手術といってもいくつかの種類が挙げられます。それぞれに特徴があり費用も異なるので、事前にその特徴や費用を把握した上で自分に合ったものを選ぶ必要があります。まず最初に挙げられるものがヒアルロン酸の注入です。これはメスを使わずに高くできる方法でプチ整形にあたります。ヒアルロン酸は元から体内にある物質であるため、たとえこれを体内に注入したとしても副作用が起こりにくく、比較的安全と言えるでしょう。比較的安全であることがメリットです。持続期間が半年から1年ほどとなるため、高さを維持したいのであれば、繰り返し施術を受ける必要があります。二つ目に挙げられるものがプロテーゼ隆鼻術と呼ばれるものです。プロテーゼと呼ばれる人工軟骨を入れる手術で、半永久的にすっきりと高く見せることができます。メスを入れて差し込むことになるので、手術が終わった後は周辺に腫れが見られたり、内出血が起こることもあるでしょう。しかしこれらは1週間ほどもすれば目立たなくなります。最後に鼻尖形成術と呼ばれるものです。これは鼻の先にある軟部組織を取り出して軟骨を中央に寄せて細く見せる施術です。団子のような形を解消したい場合には、医師から推奨されることが多いでしょう。手術が終わったあと三日間ほどはギプスで固定をしなければなりません。その後五日から1週間ほどしたら抜糸をする流れとなります。このようにもとの自分の鼻がどのような形で、どの程度の仕上がりを期待するのか、また半永久的に維持していきたいのかによって選ぶ手術も異なります。もちろんプチ整形の方が費用は比較的安く、本格的な整形手術となるとまとまったお金が必要となります。医師と相談のうえ後悔しないようにしましょう。

Copyright© 2020 コンプレックスや悩みを解消して気持ちも明るく All Rights Reserved.